ORTLIEB(オルトリーブ) スポーツパッカークラシック QL1 サイドバッグ(ペア) 小児用 D-5RBDX fizik熱い通販中

こんにちは。
山本です。

今日は僕の友人で、いつもチョコレートの食べ歩きに
付き合ってくれる『しまだしんすけべ』さんと、
しまださんが携わっているプロジェクト(無料オファー)の
ご紹介です。

まーギャグみたいな名前ではありますが(笑)、限りなく
本名に近いような気もするしまだしんすけべさん。

そんな彼をご紹介する理由、それは、、、、


・変な友人だから(笑)


3時間で4軒チョコレートカフェをはしごしましょうって
真顔で言うし、

次の予定まで1時間も無い中、渋谷というジャンクタウンで
「淘汰圧がかかりながらも、エネルギーレベルが下がらず、
健康的なお店でランチしましょう」というむちゃぶり
リクエストはするし、

最終の新幹線まで2時間もないのに「映画でも観ましょうか?」って

なかなかどうして面白いことを、冗談ではなく、いや、
全く可能性を閉じることなく、キラッキラッとした目で
訴えかけてくる人が、しまだしんすけべさんなのです。

しまださんを知る共通の知人は、

「しまださんは見た目は普通だけど、されちゃいけない。
 中身はぶっとんでるから」

と評していますが(笑)、そんなぶっ飛んだ人は


・自分自身に正直で、

・自分の足で自分の人生を歩んでいる人


でもあります。

「自分自身に正直な人」を言い換えると「自分を抑圧していない人」
ということです。

以前、しまだしんすけべさんと品川のアンナミラーズで
お茶していたときに、、

「しまださんって抑圧してきたことってあります?」

って何気なく聞いたら

「うーん、あんまりないですかねえ」

だって(笑)。

多分これは嘘じゃなく、本当なんだと思う。

それはしまださんと一緒にいるとなんとなくわかるし、
品川のアンナミラーズでも

「山本さんのメルマガは読みやすいけど、エッジがないです。」

と本音をさらっと言ってくれる。

これは、僕にとってはすごく嬉しいことだったし、同時に、
羨ましいことでもあった。

だって本音ってなかなか言えないでしょ?

この「本音を言う」ってのを裏から見てみると、

思ったことを口に出さない(本音を言わない)で、それは、
自分を抑圧していることだと僕は考えていて

、つまり、

抑圧のために無駄なエネルギーを消費しているとも言えるし、
言葉を変えれば、自ら進んでストレスに身を晒していると
同義だとも思うのです。

これらを踏まえると、しまだしんすけべさんが自分の足で
自分の人生を歩んでいけるのは、まずは土台に「自分に正直」が
あるからだと今の僕は結論しております。


「それは、しまださんって人だからでしょ?」とか
「サラリーマン社会では無理だよ」とか言わないで下さいね。

しまださんだって生きている上で色々なストレスに
出くわしているはずですから。

いや、起業している分サラリーマンの何十倍ものストレスに
遭遇しているはずです。

この前お会いしたときも、仕事のトラブル電話(かはわかりませんが、
ウキウキハッピー的な話ではなさそうでした)対応をしておりましたが、
電話を切った後

「いやーこれも何か意味があることだと思ってますからー」

ってしまださんは笑ってました。

これは別に、しまださんがポジティブシンキング思考の
持ち主だからとかではなく、単にストレスを受け止める
許容量が大きい結果であって、それはつまり、ストレスに
対応できるだけのエネルギーがあるということなのです。

言いたいことも言わず、やりたいこともやらないで、
自分自身を抑圧している人には、ストレスに対応するだけの
エネルギーは残りません。

だって、自分を抑圧する方にエネルギーを使っちゃってますから。

反町隆史じゃないけど、「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ、
ポイズン」ですよ、ほんとに。


ちょっと話は変わりますが。

しまだしんすけべさんは、少し前まで東海地方に
住んでいましたけど、今は中国地方に住んでいます。

ただそこも長居はしないそうで、「雪が溶けたら
北海道でもいいなあー」とか、「海外も視野に
入れてますよ」って感じで、常に移動し続けています。

子育て環境を第一優先に考えて、これからも住む場所は
変えて行くみたいです。


こういう生活をしたいかどうかは置いといて、
「出来る」「出来ない」を考えたとき、大半の人は
「出来ない」だと思うのです。

これは「お金があるからでしょ」とか「ビジネスで
成功したからでしょ」ではなく、「出来る」「出来ない」の
違いも、


・自分自身に正直に生きて

・自らの足で自らの人生を歩んだ結果


であると僕は考えます。


何度も言いますが、

正直に生きるということは、無駄なことにエネルギーを割く
必要がないわけです。

無駄なエネルギーを使わないということは、余剰エネルギーがある
ということです。

そんな余剰エネルギーがあるからこそ、自分のやりたいこと・
やるべきことがやれる。

単にこの結果が、「出来る」なのです。


正直に言っちゃえば・・・

今の僕が自らに「正直に生きているか?」と問うたとき、
100%の大声で「Yes!」って言えるかと言うと・・・
「まだモヤモヤしている」というのが実際のところです。

だけれども、モヤモヤはしつつも、自分で自分の人生を
歩んでいる実感は半年前より全然あります。

それは、出会う人や起こる出来事、そして何より自分自身の
考え方が変わった「いま」に実感があるからです。

あとは、大好きなスーツに関してもあれこれ考えることが
できてるってのもあるのかも。

まっスーツに関してはまたどこかの機会でお話ししたいと
思いますが、そういう実感があるのも


・自分に正直に

・自分の足で自分の人生を歩く決意


をしたからなのだと思います。


誤解される前に言っておきますが、僕はなにも「サラリーマンをやめろ」
とか言いたいわけじゃないですからね。

サラリーマンでも、自分の人生を生きている人はいるわけですから。

ただ自分の人生を生きている実感があまりにも薄い人にとっては、
しまだしんすけべさんのような存在を知ることは何かよいきっかけに
なると僕は考えていますし、実際に僕自身がそうだったので、
しまださんをご紹介したいと思っただけです。

もし、そんなしまだしんすけべさんにご興味がありましたら、
以下のリンクから彼が携わっているプロジェクトを見て、
無料レポートをゲットしていただければと思います。


本来なら、このプロジェクトの主役であるワイズマンさんを
ご紹介すべきなのかもしれませんが、僕はワイズマンさんに
お会いしたことがありませんのでワイズマンさんを語れないし、
語れないものはご紹介すべきではないですからね。

あっでも、ワイズマンさんの商材は買って勉強したことがあります。

その商材に関しては以前ご紹介しましたのでここでは詳細を
述べませんが、ビジネスの最前線に居続けている人の息吹を
感じられる内容で、僕的には面白かったです。

今回は無料オファーなのでお金はかかりませんから、
ワイズマンさんからの4つのレポートを受け取って
あなたなりに確認していただければと思います。


人は無料だと「こんなものか」と安易に捉えがちですが、
そういうステージが低い人特有の思考は止めて、印刷して
読み、例え今の自分とかけ離れていると感じたとしても
折角の機会ですから「何か得られるものがあるかも」と
貧乏根性丸出しで(笑)吸収できるものは吸収しましょう。

僕も4つのレポートは読みましたので、何か聞きたいことが
あったなら連絡して下さい。ワイズマンさんのレポートを
あなたと一緒に読解するのも面白いかもしれませんからね。


ちなみに、当たり前ですが無料オファーの後には必ず
有料オファーがあります。

別にそれを買えとか言いたいわけじゃなく、有料オファーに
関してちょっと気をつけて欲しいなーってことがあります。
それは、、、


・「関係ないから」って思わないで欲しいです。


ワイズマンさんの無料オファーページを見てわかったと
思いますが、思いっきりビジネス系でしたよね。

今回は「まー無料だからとりあえず」って気持ちで
登録した人もいるかもしれませんが、有料オファーが
あった途端「俺(私)には関係ない」と思考を停止して
しまう人もいるかと思うんですよ。

これはすごくもったいない。

「買う」「買わない」なんてどうだっていいんですよ、
正直な話。

必要なら買えばいいし、必要ないなら買わなきゃ
いいだけですから。

それに、金額によっては「買える」「買えない」って
問題もあるわけですからね。

僕がここで言いたいのは、


・なぜ自分はその選択(決断)をしたのか?を
 きちんと説明できるようにしておくことが重要


ってことです。

先程から言っている「自らの足で自らの人生を歩む」は、
当然自己責任100%の世界なわけですから、自分が
決断したものは全て説明できなくてはいけないわけです。

なぜか?


・説明できないと自信を持って生きられないからです。


正解が有る無いという議論は一旦置いときますが、例えば、
学校で先生に「この問題を○○くん答えて」ってさされた際、
答えがわかっているときは自信を持って答えれるけど、
わからないときはまごまごしちゃうじゃないですか。

これと同じで、人はきちんと説明できることには自信を
持てるわけですよ。

ということは、自分の人生を十全に説明できれば、それは
自分の人生への自信に繋がると思いませんか?

だからこそ「説明できるようにしておく」は重要なことなのです。


最初は「むかついたから」「嫌いだから」「気になったから」でも
構いません。

そこから徐々に「なぜむかついたのか?」「なぜ嫌いと思ったのか?」
「なぜ気になったのか?」と考えるクセ付けをして頂ければと思います。

一番ダメなのが、「関係ないから」「興味ないから」とかです。

これじゃ何も生み出しませんよ。

「関係ないから」は、新しいものを拒否するということですから、
毎日同じことの繰り返しを自ら選択していると言わざるを得ない。

そんな日々は 、生きている実感を無くしていくものです。


自分から「世界」を閉じてはいけません。

自分から「可能性」を閉じてはいけません。

自分から「自分」を閉じてはいけません。


まずは、トレーニングだと思ってワイズマンさん、しまださんの
レポートを活用してみるのもよいかもしれません。


正解なんてどこにもないのですから、自分の人生を思いっきり
説明してやりましょう!


それでは、、、ここまでありがとうございました。

山本

コメント


認証コード1672

コメントは管理者の承認後に表示されます。